最終更新日:平成22年2月9日

mailsetupについて

CNSでは、メールに関する様々な設定のためにメール設定ツール(mailsetupコマンド)が利用できます。 このコマンドはCNSのコミュニケーションサーバ(ccz00.sfc.keio.ac.jp など)にログインして利用します。

mailsetupコマンドの利用

  1. ccz00.sfc.keio.ac.jp などにログイン後、mailsetup [Enterキー]を入力し ます。
    % mailsetup [Enterキー]
  2. メニュー表示の言語設定を聞かれますので日本語の場合は'j'、英語の場合は'e'を入力してください。以降は日本語を選んだ場合の解説です。
    ----------------------------------------------------------------------
    [Mail environment setup: Language Setting]
    ----------------------------------------------------------------------
    Please choose language
        j: Japanese (EUC-JP)
        e: English
        q: Quit
    ----------------------------------------------------------------------
    If you can't read Japanese messages described below (by "MOZIBAKE"), 
    you have to use English mode or set your terminal to EUC-JP mode.
    ----------------------------------------------------------------------
    利用する言語を選択して下さい。
        j: 日本語 (EUC-JP) 
        e: 英語
        q: 終了
    ----------------------------------------------------------------------
    Please type "j", "e" or "q" key and ENTER> j [Enterキー]
  3. 言語を選択すると自動的にCNSのメールサーバに接続しますので、CNSのログインパスワードを入力してください。
    ----------------------------------------------------------------------
    メール環境設定を行なうため,CNSのメールサーバに ssh ログインしています.
    しばらくお待ち下さい.
    
    次の行で,「CNSログインパスワード」の入力を要求される場合があります.
    ----------------------------------------------------------------------
    z00001tk@mail.sfc.keio.ac.jp's password: CNSログインパスワード [Enterキー]
    今回初めてCNSのメールサーバに接続する方は、下記のようなメッセージが表示されますが、yes を入力後、CNSのログインパスワードを入力してください。次回の利用時からは表示されません。
    WARNING: RSA1 key found for host mail.sfc.keio.ac.jp
    in /pub/sfc/mailsetup/known_hosts:1
    RSA1 key fingerprint 3b:09:9f:51:69:cf:52:e9:b3:6d:e8:e7:aa:fc:8a:ef.
    WARNING: DSA key found for host mail.sfc.keio.ac.jp
    in /home/hogehoge/.ssh/known_hosts2:7
    DSA key fingerprint 1e:ce:c2:0a:cd:6b:40:bf:31:8a:2f:2a:12:0c:00:0d.
    The authenticity of host 'mail.sfc.keio.ac.jp (133.27.4.120)' can't be established,
    but keys of different type are already known for this host.
    RSA key fingerprint is b3:75:7e:1f:9e:b3:cf:79:73:e1:ee:10:49:d6:86:a4.
    Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes [Enterキー]
  4. 入力したログインパスワードが正しければ、メインメニューが表示されます。
    ----------------------------------------------------------------------
    [メール環境設定: メインメニュー]
    ----------------------------------------------------------------------
    
    コマンド:
    1:      メール転送設定を行う
    2:      IMAP/SMTP-AUTHパスワード を設定/変更する
    i:      IMAPサービス用にメール環境設定を行う     ( <--すでにIMAP利用者の方は表示されません)
    q:      終了
    
    コマンドとENTERキーを入力してください> 

メールの転送設定

メインメニューで 1 を選択し、表示されるメッセージに従っていくとメールの転送設定ができます。

  • 転送設定を行なった場合、必ずご自身のメールアドレスへの送信テストを行い、転送先にメールが届いているか確認してください。
  • 転送設定によりCNS外に転送されるメールはspam対策機器を経由してCNS外に送信しています。
    CNS外にのみ転送設定を行っている場合、spam対策機器によりspamと判定されたメールがCNS外に送信されずメールが失われる可能性があります。
    ----------------------------------------------------------------------
    [メール転送設定]
    ----------------------------------------------------------------------
    あなたのメール転送設定ファイルは "/var/forward/z00001tk" です.
    現在,メール転送先は設定されていません.
    
    コマンド:
    a:      転送先メールアドレスを追加する
    d:      全ての転送設定を削除する
    q:      Quit - 終了 (メインメニューに戻る)
    
    コマンドとENTERキーを入力してください>
    ※ POP利用者の方
    CNSのPOPサーバにもメールを残しておきたい場合は、's'を入力し、転送先にログイン名の先頭に \(バックスラッシュ)がついたものが表示されているか確認してください。
    あなたのメール転送設定ファイルは "/var/forward/z00001tk" です.
    あなたの現在の転送先メールアドレス一覧は以下の通りです:
           ----------------------------------------
           z00001tk@imap.sfc.keio.ac.jp
           \z00001tk
           ----------------------------------------

POPサーバにメールを残す設定を解除する

  1. メインメニューで 1:メール転送設定を行う を選択すると現在の転送設定が表示されます。
    ----------------------------------------------------------------------
    [メール転送設定]
    ----------------------------------------------------------------------
    
    あなたのメール転送設定ファイルは "/var/forward/z00001tk" です.
    あなたの現在の転送先メールアドレス一覧は以下の通りです:
           ----------------------------------------
           z00001tk@imap.sfc.keio.ac.jp
           \z00001tk
           ----------------------------------------
    
    コマンド:
    1:      z00001tk@imap.sfc.keio.ac.jp を削除する (IMAPサーバへの転送をやめる)
    2:      \z00001tkを削除し、このサーバ(POPスプール)に残すのをやめる
    a:      転送先メールアドレスを追加する
    d:      全ての転送設定を削除する
    q:      Quit - 終了 (メインメニューに戻る)
  2. 2: を選択し、 \z00001tk が削除されたことを確認し q で終了します。
    あなたのメール転送設定ファイルは "/var/forward/z00001tk" です.
    あなたの現在の転送先メールアドレス一覧は以下の通りです:
           ----------------------------------------
           z00001tk@imap.sfc.keio.ac.jp
           ----------------------------------------

IMAP/SMTP-AUTHパスワード の設定・変更

メインメニューで 2 を選択し、表示されるメッセージに従っていくとIMAP受信用、SMTP認証用のパスワードの設定・変更ができます。

----------------------------------------------------------------------
[メール環境設定: メインメニュー]
----------------------------------------------------------------------

コマンド:
1:      メール転送設定を行う
3:      IMAP/SMTP-AUTH パスワードを設定/変更する
q:      終了

コマンドとENTERキーを入力してください> 3
z00001tk のCNSログインパスワードを入力:
新しい IMAP/SMTP-AUTHパスワード を入力:
確認のため、もう一度新しいパスワードを入力:
IMAP/SMTP-AUTHパスワード の変更に成功しました @ns0.sfc.keio.ac.jp
Enterキーを入力してください.

IMAPサービスの利用開始

SPAMの自動振り分け設定を行う

  1. IMAPサービス利用中の場合はprocmailによるSPAM自動振り分け設定を行うことができます。
    • 初めてIMAP4サービスを使用する方へ: 設定する前に、必ずIMAPでメールが読めることを確認してください。
    • POPサーバも併用している方へ: IMAPメールのみ振り分けることができます。
  2. メインメニューで s: を選択しメニューに従ってください。
    ----------------------------------------------------------------------
    [メール環境設定: メインメニュー]
    ----------------------------------------------------------------------
    
    コマンド:
    1:      メール転送設定を行う
    2:      IMAP/SMTP-AUTHパスワード を設定/変更する
    s:      SPAMの自動振り分け設定を行う
    q:      終了

Last-modified: 2010-02-09 (火) 13:40:25 (1719d)